法面保護のことなら株式会社トラスト工業へ

フィット筋工法の施工方法
  • フィット筋工法 施工方法
  • フィット筋工法で使われる製品紹介
  • 法面保護工 施工実績
  • 排水溝 施工実績
  • 土留工 施工実績
  • 各種カタログ・設計例ダウンロード

フィット筋工法 施工方法

手順1:法面整形

photo1-1
斜面を整形します。

yajirushi

手順2:高強度植生マット設置

photo2-1
高強度植生マットを地面に沿って張り付けします。

yajirushi

手順3:ホールディングバー設置

ホールディングバーとは、切土のり面を覆う「高強度植生マット」と、地盤に打設した「ソイルネイル」との一体化を図るために縦方向に多数設置した鉄筋のこと。
高強度植生マットとの組合わせによって、法面を抑える法枠工の機能を有し、地盤形状に合わせて多曲に加工し密着させ、地面に打込まれたソイルネイルと連結し、地盤との一体化を図ります。

photo3-1
photo3-2

yajirushi

手順4:ソイルネイリング

ソイルネイル(直打ち鉄筋挿入)とは、従来の鉄筋挿入工とは異なり、穿孔、グラウト注入を必要とせず、地盤に直に鉄筋を挿入する工法のこと。
挿入方法:専用の打込み機械を、クレーン又はバックホーで吊り、鉄筋を取り付け挿入する。機械が軽量であり、小型移動式クレーン(ユニック)でも施工ができ、狭い場所に限っては、ウインチ使用で人力施工も可能。

photo4-1
photo4-2

yajirushi

手順5:頭部連結

ホールディングバーとソイルネイルをつなぐための頭部連結作業。

photo5-1
シーリングパイプ、ブラックホルダー、コマナット設置状況
photo5-2
締付け状況

yajirushi

手順6:頭部処理

頭部のネジがはずれないように固定をします。

photo6-1
締付け完了
photo6-2
モルタル詰め